馬券 脱税

馬券で当てた約3億円を申告せず、

約6200万円を脱税したとされて

所得税法違反で有罪判決を受けた

大阪府寝屋川市の職員が、

懲戒免職処分になりました。

この職員は元税務室課長で、

「納税者の模範となるべき立場でありながら信用を失墜させた」

ということです。


多くの人は競馬で勝っても申告はしてないと思いますが、

たとえギャンブルの勝ちでも申告しなきゃいけないらしいですね。

この方、税務室課長だったんですね。

ということはそのことを知っていたはずですよね。

お役所で課長といえば相当上の方ですね。

それも税金を市民に払ってもらう立場の。


悪事を働いたわけでもないから、正直に申告して

おけば良かったのにねぇ。ちょっとのスケベ心が大事になる

良い例ですね。


3億円!!ちょっとじゃないかww





この記事へのコメント